ホーム > 電力自由化

はじめに

電力会社の変更は、新電力会社の電力ビジネスの経営が安定するまで、家庭部分(自己責任)と共用部分(共同資産)を分けて考えることが重要です。

共用部分と家庭部分

 

電力小売りの完全自由化がスタート

2004年にビルやスーパーなどの高圧受電の電力の自由化が開始し、2016年4月にご家庭や小規模店舗などの低圧受電も電力の自由化が開始し、電力小売りの完全自由化がスタートしました。

新電力会社は東京電力などの地域電力会社より安い単価を当然のように出してきました。

次は東京電力など地域電力会社は、新電力会社の割安単価に対抗する料金メニューを出すことが予測されるため、一番電気代が安い会社は、1年単位で変わるかも知れません。

2016年4月の自由化開始直後に年商555億円超(2015年3月期)の新電力会社(日本ロジテック協同組合)が倒産しました。これは電力ビジネスの難しさの表れだと思います。

共用部分(共同資産)において、割安料金だけで会社を選ぶのは危険なので、料金メニューやサービス内容、経営状態も考慮することが必要です。

 

電気事業者(地域電力会社・新電力 等)が安定する時期

電力の発送電分離の2020年4月からが本格的な競争が始まりますので、そこから4期(年)以上健全経営をしている電気事業者の中から選ぶことが、輪番制で理事長が変わる運用が主体のマンション管理組合では主流となると予測しています。

以上のことから東京電力など地域電力会社の最安値メニューを選び、電気料金の支出を下げながら安定期を迎えるのが最良な選択と考えています。

 

電力自由化Q&A

電力自由化に伴い、マンション管理組合様から電気料金に関するご質問が多く寄せられております。
よくあるご質問をまとめました。

新電力会社に変えると電気代は必ず安くなるのですか?
そうとも限りません。共用部分においては東京電力エナジーパートナーの新メニューを使うと2016年4月時点でも新電力会社より安くなることが多々あります。
新電力会社に変更すると契約電力の減設ができない会社もあるのは本当ですか?
そのようです。契約電力が下がると解約になり違約金が発生するケースもあるようです。従来の地域電力会社とルールが違うので、動力の給水ポンプや油圧エレベータのリニューアル、電灯のLEDの導入を検討している組合は、その工事が完了してから新電力会社を検討することをお勧めします。
東京電力エナジーパートナーの新メニューと旧メニューはどっちがお得なの?
電気の使い方によりますが、共用部分は旧メニュー(選択約款)の方がお得な場合が多いと思います。特に電化上手契約は夜間単価の割引バランスがよく、共用部分では今までで一番削減効果の高いメニューになります。
動力の電子ブレーカで契約電力を下げた場合、新電力会社に変更しても継続されますか?
継続されます。(変更時の契約電力が適用されるため)